総合内科専門医 循環器専門医
お問い合わせ TEL:072-857-6539

〒573-1123 大阪府枚方市南船橋1-2-29

大阪府枚方市の内科・循環器内科・小児科|インフルエンザ対応

禁煙外来

駐車場6台 詳しくは、コチラ

メディア掲載情報 詳しくは、コチラ

個人情報の取り扱いについて 詳しくは、コチラ

休日救急診療のご案内 詳しくは、コチラ

HOME»  禁煙外来

禁煙外来

たばこを止めたいのになかなか止められない方は多くいらっしゃいます。それはニコチン依存症という病気だからです。 禁煙は医師と相談して行いましょう。禁煙できる確率が高くなります。 2006年4月から、保険診療に「ニコチン依存症管理料」という項目が設置されています。タバコをやめたい人は、禁煙外来がある医療機関を受診すると健康保険を使って禁煙する治療が受けられるようになっています。喫煙習慣をニコチン依存症という疾患として治療します。

治療薬としては経口の禁煙治療薬(チャンピックス)を用います。

禁煙外来で処方されるチャンピックスとはどの様な禁煙補助薬なのですか?

チャンピックスはファイザー社により開発されたニコチン受容体に作用する禁煙補助薬です。従来の禁煙外来ではニ コチン製剤を用いてニコチン代替療法が行われていました。喫煙する代わりにニコチンを補充して禁煙に伴う離脱症状を緩和して禁煙する方法でした。ニコチン を含まない経口薬であるチャンピックスはタバコを吸っても美味しくなくなる画期的な禁煙補助薬です。2006年5月に米国で禁煙補助薬として承認されて以 降、欧州及びアジアを含めた世界60ヵ国以上で禁煙補助薬と承認されています。国内では2008年1月にニコチン依存症の喫煙者に対する禁煙の補助を効 能・効果として承認され、禁煙外来で処方されています。

チャンピックス錠(α4β2ニコチン受容体部分作動薬)について

チャンピックス錠は少量のドパミンを放出させ、禁煙に伴う離脱症状やタバコに対する切望感を軽減します。
チャンピックス錠は脳内のα4β2ニコチン受容体に結合することにより、ニコチンの結合を妨げ、喫煙による満足感を抑制します。(拮抗作用)
チャンピックス錠が脳内のα4β2ニコチン受容体に結合すると、少量のドパミンが放出され、禁煙に伴う離脱症状やタバコに対する切望感を軽減します。(作動薬作用)

チャンピックス錠の使用により65.4%の喫煙者が禁煙に成功しました。

副作用

時に胃腸障害、頭痛、悪夢、不眠症などがみられます。 非喫煙者、妊婦、授乳婦の方はチャンピックスを使用できません。 めまい、眠気、意識障害等の症状があらわれ、自動車事故に至った報告があります。事故をふせぐため、自動車の運転など危険を伴う機械の操作はさけて下さい。

禁煙外来のお知らせ

当森川医院では、保険診療による禁煙外来を行なっております。 禁煙をお考えの方は、是非、ご気軽にご相談にお越し下さい。

森川医院の禁煙外来は診察時間内に行なっております。

禁煙治療が保険適応となる方

  1. 直ちに禁煙しようと考えている
  2. ニコチン依存症のスクリーニングテストで5点以上である
  3. ブリンクマンインデックス(一日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上である
  4. 禁煙治療を受けることを文書で同意している

禁煙外来のスケジュール

禁煙治療は、初回診察に加えて、服薬開始2週間後、4週間後、8週間後、12週間後の4回の再診で構成されています (12週間合計5回の診察)。

(初回診察)

  • 喫煙状況の問診
  • 禁煙の準備性に関する問診
  • ニコチン依存症のスクリーニングテスト(TDS)の実施
  • 呼気一酸化炭素濃度測定
  • 禁煙開始日の決定(禁煙宣言書に署名)
  • 禁煙補助製剤(α4β2ニコチン受容体部分作動薬)の説明・処方
  • 禁煙にあたってのアドバイス
  • 禁煙日記の配布

禁煙外来のスケジュール

健康保険を使った禁煙外来では、12週間で5回の診察を受けます。禁煙外来では呼気の一酸化炭素濃度を調べ、喫煙状況を見ながら指導を行います。一酸化炭素は、タバコの煙に含まれる代表的な有害物質ですが、禁煙を始めればこの値は低下してゆきます。 禁煙外来での毎回の測定が楽しみになり、禁煙は成功しやすくなります。

禁煙外来のスケジュール

禁煙開始日を決め、その1週間前から服用します。
1日目~3日目は0.5mg錠を1日1回服用
4日目~7日目は0.5mg錠を1日2回服用
8日目に禁煙を開始します。
以後、毎日1mg錠を1日2回12週間まで続けます。

予約方法

まず、来院当日にお電話(072-857-6539)で当日の順番をお取り下さい。

禁煙について

ニコチン離脱症状について
禁煙を開始するとニコチン離脱症状が出現します。離脱症状の程度はニコチン依存度により異なります。主なニコチンの離脱症状を下記に示します。

  • とてもタバコが吸いたい
  • 気分が落ち込む
  • イライラ・欲求不満・怒りのいずれかを感じる
  • 不安を感じる
  • 集中できない
  • 落ち着かない
  • 食欲が増す
  • 寝つきが悪い
  • 眠っても途中で目が覚める

チャンピックス錠(α4β2ニコチン受容体部分作動薬)を使用することによりニコチン離脱症状が緩和されます。

チャンピックス錠の費用(保険適応)

5回の診察料金、薬剤料金の合計金額は、保険3割負担の方の場合、自己負担額が12週間で約19,050円となります。

チャンピックス錠の詳細

チャンピックス錠に関する詳細はこちらをご覧ください。

禁煙するための方法

  • 禁煙を開始する日を決めましょう。
  • 家族や職場の人に禁煙を宣言しましょう。
  • タバコと灰皿を捨てましょう。
  • タバコを吸いたくなったら何か代償になることで気を紛らわしましょう。
  • 宴会には注意が必要です。周りの人がタバコを吸う席はなるべく避けましょう。